2009年4月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:06 Apr 22 2009

「南京!南京!」陸川監督:特殊効果に海外からの応援なし

 「南京!南京!」は4分の1を占める戦いのシーンに特殊効果を多く取り入れた。すべての特殊効果に8カ月以上費やしたが、陸川監督は資金にもう少しゆとりがあれば、もっと特殊効果を入れたかったという。

 「戦場のレクイエム(集結号)」などの大作は海外から特殊効果チームを招いたが、「南京!南京!」では中国人スタッフが担当し、すべての特殊効果と撮影を国内で完成させた。例えば、高円円が演じる役が銃殺されるシーンで、銃声と同時に彼女の髪が揺れるが、このシーンにはコンピュータ処理は施されていない。こういった技術はこれまでの国産映画には見られなかったことだ。

 陸川監督率いる特殊効果チームは撮影前の準備期間中、数多くの実験を行い、人が銃撃される実験だけでも1年かけた。準備に使っていた倉庫ではスタッフが毎日、銃に撃たれて倒れる様子を撮影し、陸川監督に見せ、監督と技術スタッフが「これはあまり死んだようにみえない、こっちのほうがいい」などと話し合ったという。また爆弾は、人の顔面や身体、建物のどこで爆発しても真に迫るものに仕上がっている。

 陸川監督は「これはごまかしではない。本当に科学実験の結果なんだ」と自信をみせる。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年4月22日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古