2009年4月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:47 Apr 24 2009

映画「南京!南京!」は日本の庶民を糾弾するものではない

【特集】映画・「南京!南京!」>>

 映画「南京!南京!」の全国ロードショーがスタートした。杭州で催された試写会では、日本人俳優に対し、「日本帝国主義打倒!」や「バカ!」といったののしり声が客席の一部から飛ばされる場面があった。だが、「彼らは尊敬すべき人たちだ!」という声がはるかに多くの観客から上がり、会場は拍手でいっぱいになった。日本人俳優もこれに深い感動をおぼえたという。

 「南京!南京!」は、中国を侵略した旧日本軍による南京軍民に対する残酷行為を如実に再現した映画だ。時代の臨場感を出すため、あえてモノクロ映画に仕上げられている。陸川監督が語るように、何者も真実から目をそむけることはできない。この映画が人の心を揺さぶり、心の奥に残るものとなるのは、それが真実だからだ。全ての中国人は、南京大虐殺から70数年が経った今こそ、民族史上に受けた苦難をしっかりと心に刻まなければならない。また、日本の侵略者と日本の一般市民とを正しく区別し、南京大虐殺を正しく見つめる日本の人々がいることを認識しなければならない。この区別を見失ってはならない。

 南京大虐殺にかかわった元日本兵の故・東史郎氏が何年も前に、7回にわたり南京を訪れ、南京市民の前に跪いて謝罪した。その行為について、「パフォーマンスにすぎず、物見遊山に来ただけだ」と評する人がいた。これは、自らの行為を反省し、謝罪に来た日本人老人を傷つける発言であり、意識的ではなくとも、南京大虐殺を否定する右翼勢力の宣伝をしているようなものだ。

 過去の苦難を心に刻みつけるための必要手段という意味での「南京!南京!」の価値は認めるべきだ。一般の日本人をののしり憎むきっかけとして南京大虐殺を利用すべきではない。この映画は憎しみとは関係はない。

 陸川監督は、この映画を中国に捧げると同時に世界にも捧げたいと語った。同時に、日本人に対する中国人観客の態度も世界中に伝わる。世界の人々は、中国人が受けた苦難を十分に認識すると同時に、この映画と日本人に対する中国人観客の態度や心情についても、心に刻むだろう。杭州の多くの観客は、寛容で自信に満ち、自ら精進する中国人精神を見事に見せてくれた。

 歴史を心に刻みつけることで憎しみが続く訳ではない。南京大虐殺の真実を暴露した中国人女流作家・張純如女史は、「日本人が特定の時間に特定の場所で行った行為に対する非難を、日本人全体に対する非難にすり替えることは、あの大虐殺で命を落とした老若男女を傷つけるだけではなく、日本国民をも傷つけることになります」とコメントしている。このような心の広さと度量は、彼女だけに限らない。映画「南京!南京!」もまた、深く限りない力を内に秘めている。これこそが、成熟した民族が備えるべき度量といえよう。(編集KM)

 「人民網日本語版」2009年4月24日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古