2009年5月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:16 May 22 2009

中国少林拳法、ユネスコで披露

 少林武僧27人が20日夜、パリにあるユネスコ本部を訪れ、各国ユネスコ大使および中国、フランス各界名士ら約1千人を前に少林拳法を披露、武僧らの素晴らしい演技に訪れた観衆は魅了された。

 少林寺の釋永信・住職は演技披露を前に記者に対し、少林武僧らはこれまで幾度にもわたりパリを訪れているものの、今回はユネスコの招きを受けた国際多元文化フェスティバルでの少林拳法披露であり、少林寺にとって初めてのことであると述べた。釋住職はさらに、これを機会に、ユネスコに加盟する200あまりの国と地域の代表に中国伝統文化の真髄を紹介し、少林拳法をより理解・認知してもらい、同時に中国武術の普及を促進したいと語った。

 ユネスコが主催する国際多元文化フェスティバルは22日まで開催され、今回の演技披露は同フェスティバルの目玉となる。これに先立ち、中国景徳鎮陶磁器芸術作品展、書道の大家・範曾氏による書画展が開催され、好評を博した。(編集HT)

 「人民網日本語版」2009年5月22日

[1] [2] [3] [4]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古