2009年6月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:13 Jun 22 2009

中国 新型インフルワクチン製造に成功

【特集】 新型インフルエンザ

 中国のワクチン製造メーカー・華蘭生物公司は22日、国内で初めて新型インフルエンザのワクチン製造に成功したと発表した。7月にも臨床試験が行われる。ワクチンの本格的な投入は早くても2カ月後になりそうだ。「中央電視台(CCTV)」が伝えた。

 このワクチンは一連のバイオ試験を経て、安全性と有効性を確保した上で、7月には臨床試験に入るという。臨床試験には40-50日かかるため、新型インフルエンザのワクチンが投入されるのは早くても2カ月後になりそうだ。

 同社は今月3日、世界保健機関(WHO)指定の研究所から中国メーカーとしては初めて新型インフルエンザのワクチン製造用のウイルス株を受け取り、13日から正式な製造段階に入った。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年6月22日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古