2009年6月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:30 Jun 23 2009

世界遺産大会開幕 嵩山、五台山などの新登録を審議

 「ユネスコ(UNESCO:国連教育科学文化機関)世界遺産委員会第33回会議」が22日、スペインのセビリアで開幕した。同委員会は会期中に、各加盟国が提出した30カ所のユネスコ「世界遺産リスト」への新規登録申請について審議を行う。これには、中国の嵩山と五台山も含まれる。

 今年は、加盟国35カ国が世界遺産への新規登録申請を行った。このうち、ブルキナファソ、カーボベルデ、キルギスタンの3カ国には、世界遺産がまだない。登録申請された世界遺産候補地の内訳は、自然遺産4カ所、文化遺産23カ所、自然・文化複合遺産3カ所。国境に跨る遺産は4カ所。

 中国は今年、文化遺産として嵩山歴史遺跡を、自然・文化複合遺産として五台山をそれぞれ、「世界遺産リスト」に登録申請した。

 「世界遺産リスト」には現在、世界遺産計878カ所が名を連ねている。内訳は、文化遺産679カ所、自然遺産174カ所、自然・文化複合遺産25カ所。中国の世界遺産は計37カ所。(編集KM)

 「人民網日本語版」2009年6月23日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古