2009年7月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:52 Jul 03 2009

浙江 皆既日食ツアーに人気集まる

 今世紀の皆既日食のうち、最も壮観で持続時間が最も長い皆既日食が 7月22日、中国長江流域の一帯で見られる。浙江省の都市の多くが今回の皆既日食の観測地点となっており、皆既日食を目的としたツアー旅行に人気が集まっている。

 浙江省中国旅行社は皆既日食関連の旅行ツアーを20種類以上打ち出した。旅行社によると、もともと酷暑の7月は海外からの旅行者が少ないオフ・シーズンだったが、皆既日食のおかげでこの時期に人気が集まっているという。皆既日食の観測は、欧米ではとても人気のある観光イベントであるため、欧米市場向けにうち出したツアーは全てが満席となっている。

 浙江省中国旅行社・航空入境旅行センターの智晨岩 ・副総経理:欧米諸国からのツアー人数は約700人、ツアー数は20近くに上ります。当初の設定では、海外からのツアーで500人を誘致できればいいと思っていましたが、現在申し込みが700人を超えました。

 皆既日食のおかげで、浙江省の各ホテルにも人気が集まっており、ほとんどのホテルでは7月22日前後の客室が満員となっている。

 智晨岩 ・副総経理:ホテルや、その他の予約業務はすべて1年前、2年前から行っていました。現在、全てのホテルで超満員になっており、1つも部屋の予約が取れない状態だと聞いています。

 また、浙江省舟山、嘉興、湖州など、最も良い観測地点に選ばれた都市も次々と皆既日食ツアーを打ち出し、各地の天文愛好家の人気を集めている。

 専門家によると、今回の皆既日食は、過去数年来で観測条件が最も良い回となるという。観測時間は22日の午前8時ごろから11時。中国杭州、上海、南京など40以上の都市で観測できる。その他の地域でも部分日食を見ることが出来るという。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2009年7月3日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古