2009年7月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:00 Jul 13 2009

09年電子情報企業トップ100が発表 1位は華為

 工業情報化部は10日、「09年中国電子情報企業トップ100社」を発表した。通信機器メーカーの華為が営業収入1227億元でトップに輝いた。2位は家電メーカーの海爾(ハイアール)、3位はPCメーカーの聯想(レノボ)が続いた。「京華時報」が11日に伝えた。

 今回のランキングは、08年電子情報産業統計年報のデータを根拠として作成された。ランキング入りした企業の営業収入は合計で1兆1194億元に達し、全業界の18%を占めた。うち、営業収入が100億元以上の企業は23社にのぼったほか、華為、海爾、聯想のトップ3社は営業収入が1千億元を突破し、米フォーチュン誌のグローバル500企業の入選基準に近づいた。このほか、今回のランキングの入選ラインは営業収入が18億5千万元以上と、前回よりも1億1千万元上昇した。

 自主的な研究・開発能力が高いことは、電子情報企業トップ100社の特色となっている。統計によると、ランクインした100社の研究開発費は400億元を超え、営業収入の3.5%を占めており、全業界の平均水準よりも1%ほど高い。うち、華為の研究開発への投資は最も大きく、100億元に達しており、営業収入に占める割合は8%を超える。

 このほか、ランキングには華為、中興、上海貝爾、普天、大唐電信など中国の大手通信設備メーカーが軒並みランクインした。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2009年7月13日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古