2009年7月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:23 Jul 27 2009

天津工場で組立のエアバスA319第一号機が引渡し

 エアバス社の天津組立工場で組立てられた初のエアバスA319型機が23日、海南航空公司傘下の金鹿航空公司に引き渡された。天津工場で組み立てられたA320シリーズの飛行機としては2機目となる。新華網が24日に伝えた。

 同機の座席(計144座席)は全てエコノミークラスで、主に観光用チャーター機として使用される。同機は24日、西安から長沙を経由して厦門(アモイ)へと向かう、初の商業フライトが行われた。

 エアバスA320シリーズの天津組み立てラインは、ヨーロッパ以外では初となるエアバス社の組み立て生産ラインで、エアバスA320シリーズのうち、A320・A319の2種類の組み立てが行われる。天津で組み立てられた初のエアバスA320型機は今年6月23日、奇竜航空租賃有限公司に引き渡され、四川航空公司が運営している。

 すでに引き渡されたこれら2機の飛行機のほかに、エアバス天津工場では現在10機の組み立てが行われている。今年はA320シリーズ機11機が完成される予定で、うちA320型機は7機、A319型機は4機。天津工場は2011年年末までに、毎月4機の飛行機を組み立てられるレベルに達する見込み。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2009年7月27日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第26号)2010年上海万博 日本国家館「紫蚕島」にぜひ、いらしてください(2)
2010年上海万博
【特集】上半期のマクロ経済データnew
【特集】日本衆院解散・総選挙へnew
【特集】胡主席がイタリアを訪問
【特集】中日経済力の比較分析
【特集】胡主席がSCOとBRICs会議に出席

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古