2009年7月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:56 Jul 27 2009

世界初、凍結精子で赤ちゃんパンダ誕生 四川

 四川臥竜ジャイアントパンダ保護研究センターで23日、雌のジャイアントパンダ「優優(ヨウヨウ)」が赤ちゃんを産んだ。今回は世界で初めて凍結精子を使った人工授精が行われ、無事にパンダの赤ちゃんが誕生。ジャイアントパンダの保護・研究において重大な突破口を開いた。中国新聞網が24日伝えた。

 研究センターの職員は今年3月20日、発情期を迎えた「優優」に人工授精を行った。授精に使われたのはセンターの雄のジャイアントパンダ「芦芦(ルールー)」の凍結精子。6月初旬、超音波検査で「優優」が妊娠に成功したことがわかった。「優優」がお母さんになるのは3回目。この赤ちゃんは、今年センターで誕生した7頭目、世界で10頭目のパンダで、遺伝管理計画のもとで生まれた赤ちゃんでもある。

 精液は通常体外で数時間しかもたないが、冷蔵状態だと3日間の保存がきき、冷凍技術を使えば保存時間は数十年にまで延びる。しかし凍結精子は解凍した後生命力が弱まり、品質的に人工授精の要求に達しないことが多い。

 臥竜ジャイアントパンダ保護研究センターでは長年の研究を通じて、ジャイアントパンダの精液の凍結・解凍技術を掌握し、精液解凍後の生命力を80%にまで高めた。この技術は、優れた人工飼育パンダの出産・育成に技術的な保障を提供し、遺伝の多様性を維持するとともに、人工飼育パンダの生命力を高めるのに重要な意義がある。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年7月27日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第26号)2010年上海万博 日本国家館「紫蚕島」にぜひ、いらしてください(2)
2010年上海万博
【特集】上半期のマクロ経済データnew
【特集】日本衆院解散・総選挙へnew
【特集】胡主席がイタリアを訪問
【特集】中日経済力の比較分析
【特集】胡主席がSCOとBRICs会議に出席

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古