2009年7月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:58 Jul 29 2009

北京 新型インフルワクチンの安全性が初歩的に実証

 北京科興公司が生産した新型インフルエンザワクチンの臨床試験は順調に行われている。28日までに全ての被験者が1回目の接種および3日間の経過観察を終わらせ、ワクチンの安全性と信頼性が初歩的に実証された。新華社が28日に伝えた。

 北京科興公司の臨床試験は22日6時から始まり、25日までに1614人の被験者に1回目の接種が行われた。うち、老人は101人、成人は706人、少年は404人、児童は403人。全ての被験者が接種後3日間の経過観察を終わらせているが、大きな副作用・事件の報告はなく、8月初旬に1回目の接種後初となる安全性報告がなされるという。

 今回の臨床試験は中国疾病抑制センターが組織し、北京市疾病抑制センターが実施したほか、衛生部、国家食品薬品監督管理局の指導者と専門家も臨床の現場で視察・指導を行った。

 国が制定した予防・抑制計画に基づき、新型インフルエンザワクチンは完成後しばらくは市場で販売されない。生産されたワクチンは主に国の貯蔵用とされ、使用の是非およびどのように使用されるかは国によって決定される。国は新型インフルの拡大の程度および危険性に応じて、貯蔵ワクチンを使用するかどうかを判断する。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2009年7月29日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第26号)2010年上海万博 日本国家館「紫蚕島」にぜひ、いらしてください(2)
2010年上海万博
【特集】第1回中米戦略・経済対話(S&ED)new
【特集】上半期のマクロ経済データ
【特集】日本衆院解散・総選挙へnew
【特集】胡主席がイタリアを訪問
【特集】中日経済力の比較分析

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古