2009年7月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:10 Jul 30 2009

日本 恐竜展で「複合現実感」体験


 映画「ジュラシックパーク」ではコンピューターと特殊撮影技術を使って、絶滅した恐竜をスクリーンに「蘇らせ」、観客に新鮮な印象をもたらした。日本・幕張で28日に開催された「2009年恐竜展」で「複合現実感」(MR)という新しい技術が観客に「生きているような」恐竜の姿を披露している。

 恐竜の化石や模型が展示される他に、同展ではMR技術を利用した2分間の恐竜のパフォーマンスが人気を集めている。

 特殊な電子メガネ装置を通じて見ると、実物大のトリケラトプス2頭とティラのザウルスが目の前に現われる。これら恐竜は観客からわずか5メートルの場所に出現し、動くだけではなく、歩く足音もリアルに響く。電子メガネをとると、元の静かな展示ホールの光景だけが残る。

 「複合現実感」とは字のごとく、コンピューター技術を通じて実際の実景とシミュレーションとを融合させ、物理的な物体とシミュレーションの物体を同時に出現させ、インタラクティブな情景を生み出す技術だ。この技術を開発した会社によると、「複合現実感」の技術は子どもを喜ばせるオモチャだけに留まらず、エンターテイメントや製造業、医療、ロボット開発といった分野にも応用可能だという。(編集YH)

 「人民網日本語版」2009年7月30日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第26号)2010年上海万博 日本国家館「紫蚕島」にぜひ、いらしてください(2)
2010年上海万博
【特集】第1回中米戦略・経済対話(S&ED)new
【特集】上半期のマクロ経済データ
【特集】日本衆院解散・総選挙へnew
【特集】胡主席がイタリアを訪問
【特集】中日経済力の比較分析

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古