2009年8月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:12 Aug 20 2009

百度、インターネットの新概念「Box Computing」発表

 世界最大の中国語検索エンジンの百度(バイドゥ)は18日、インターネットの新構想として「Box Computing」という概念を打ち出した。ユーザーはごく簡単なキーワードを検索ボックスに入力するだけで、必要なサービスをワンステップで得られるようになる。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 同日北京で開催された「Baidu World 2009」で、百度の李彦宏会長兼CEOは「Box Computing」の理念と構想を発表。この概念について業界関係者からは、中国企業が必要としている技術であり、世界のインターネットの発展に中国人が貢献することになるという声があがっている。

 李会長はユーザにインターネットによるワンステップサービスを提供する、「Box Computing」は、最もシンプルで信頼できる情報提供方式だと指摘。ユーザーは検索ボックスに必要なサービスを入力するだけで、システムがそのニーズを明確に識別し、最も適したアプリケーションまたはコンテンツソースを持つ企業に分配、情報処理が行われ、最終的にユーザーが最も必要とする結果が提供されるという仕組みだ。

 この理念が実現すれば、将来一般ユーザーは、インターネットのあらゆる必要なアプリケーションを検索ボックスに入力するだけで必要な情報が直接得られるようになる。例えば、最初は百度の検索ボックスで検索できるのはWebページ情報ぐらいだったが、今では辞書や計算機、カレンダー、地図、列車の時刻表など簡単なアプリケーションであれば百度の検索ボックスから直接検索できるようになった。将来的には映像、ウィルスバスター、ゲーム、ショッピング情報、資産運用などのインターネットアプリケーションも検索ボックスから直接利用できるようになるだろう。一方、アプリケーションサービス業者や技術開発業者にとっては、「Box Computing」というプラットホームの開放により、様々なアプリケーションやサービスが直接このプラットホームで結びつき、大きな価値を生み出せるようになる。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年8月20日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古