2009年9月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:31 Sep 15 2009

中国、センサーネットワーク標準化へ

 「センサーネットワーク標準作業チーム設立大会および『感知中国』サミットフォーラム」が11日、北京で開かれた。工業情報化部の公式サイトが14日伝えた。

 センサーネットワークは「モノのインターネット」とも呼ばれ、コンピュータ、インターネット、モバイル通信ネットに続く情報産業の波とされる。中国はこのセンサーネットワークの発展を高度に重視し、「国家中長期科学・技術発展計画(06-20年)」と重大特定項目「次世代ブロードバンドモバイル無線通信ネットワーク」の中にいずれもセンサーネットワークを重点研究分野として盛り込んだ。国内の研究機関と企業・事業単位はこれに関する技術研究に積極的に取り組み、長年の努力の末、数多くの核心技術を掌握し、国際標準制定における重要な発言権を持ったほか、センサーネットワークである程度の産業基盤を確立し、電力・交通・セキュリティなどの分野での応用で効果があらわれてきている。

 技術の要となる標準は中国のセンサーネットワーク産業の発展にとって非常に重要となる。中国のセンサーネットワークの標準体系はすでに初歩的な枠組みが形成され、国際標準化機構(ISO)に提出した数多くの標準提案が採用され、センサーネットワークの標準化は大きく進展した。国家標準化管理委員会の承認を経て、全国情報技術標準化技術委員会はセンサーネットワーク標準作業チームを発足。標準作業チームのメンバーには中国科学院や中国移動通信集団公司(チャイナモバイル)などセンサーネットワークの技術研究と応用を手がける国内の機関が集結し、標準制定作業を積極的に展開、国際標準化の活動に深く参与し、標準化を通じて産業発展のための確たる技術基盤の確立を目指す。(編集KA)

  「人民網日本語版」2009年9月15日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古