2009年10月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:01 Oct 19 2009

中国初のメタンガスハイドレート調査船、正式に編成へ

 中国初のメタンガスハイドレート(可燃氷)総合調査船「海洋6号」の海洋地質調査船隊への編成式典が18日午前、国土資源部広州海洋地質調査局のふ頭で行われた。人民網が18伝えた。

 「海洋6号」は、中国海域の特徴と海洋地質の必要に基づいて中国が独自に設計・建造した初のメタンガスハイドレート総合調査船であり、世界でも唯一の地震や地質など多くの調査機能を備えた地質や地球物理の専用調査船である。全長は106メートル、全幅17.4メートル、最大喫水は5.7メートル、設計排水量は4600トン、航続力15000海里。電力推進システムや自動操
船(DPS)システムなど世界最先端技術と設備を採用、4000メートルの深海に潜り込める水中ロボット「アシカ号」、深層水マルチビーム海底システム、深層水浅地層断面システムなどを搭載。総建造費は4億元、中国の海洋地質調査隊の中でも最高の装備を整えている。

 「海洋6号」は、海底にあるメタンガスハイドレート資源を主体に調査しながら、海洋の地質や鉱物資源の調査も行い、無制限航行区域となっている国際海域で各分野の調査を様々な手法を使って調査を行う。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年10月19日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古