2009年11月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:12 Nov 11 2009

中国、10年で20の国家漢方薬産業基地を建設

 「2009年伝統医薬国際科学技術会議」が9日に開かれ、ここ10年で中国に20の漢方薬科技産業基地が建設されたことが明らかになった。2008年の漢方薬工業と漢方薬材の生産総額はそれぞれ2174億8900万元と575億1800万元にのぼり、技術革新をけん引したほか、産業発展の推進、サービスプラットフォームの構築、優秀な人材育成などの面で著しい成果をあげた。人民網が10日伝えた。

 科学技術部の劉燕華副部長によると、漢方薬の現代化、国家化を加速しようと、同部は1998年に「漢方薬現代化産業行動計画」を正式に立ち上げた。1999年に科技部が初の国家漢方薬科技産業基地(四川省)の建設を認可して以来、これまでに20の漢方薬科技産業基地が建設された。うち四川省や広東省など11カ所の基地はすでに第1期建設計画の検査に通過。劉副部長は、「漢方薬科技産業基地の建設を通じて、この10年間で多くの漢方薬企業が育成され、漢方薬工業も急速に発展している。その生産総額は1999年の687億8000万元から2008年には2174億8900万元に増加、成長率は医薬工業を332ポイント上回った」と紹介。漢方薬農業経済の安定した成長により、漢方薬材の生産総額も1999年の171億9800万元から2008年には575億1800万元に増加、栽培の規範化が大きな効果をあげている。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年11月11日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古