2009年12月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:57 Dec 07 2009

中国 「モノのインターネット」核心技術の開発に成功

 中国のインターネット専門家はこのほど、知的所有権を有するインターネット統合技術「乙太ビデオネットワーク情報サービスシステム」の開発に成功した。「科技日報」が6日に伝えた。

 同システムは12月上旬、オンラインテレビ中継、ビデオカラオケ、ビデオ商品チャンネル、ビデオ宝くじ、ビデオ電話広告、マルチメディア通信など、「モノのインターネット」による8つのシステムを実現した。同システムは、データ・音声・ビデオの3つを統合させる基礎モジュールであり、「モノのインターネット」の構造の核心となる。同システムのうち、多くの核心技術は中国オリジナルのもので、幅広い応用価値がある。

 「インターネット統合」とは、通信ネットワーク・テレビネットワーク・インターネットの3つのネットワークが相互に関連し、互換性を持つことを指す。「インターネット統合」は現在、インターネット業界が研究に力を入れる先端技術だ。乙太通訊網絡有限公司は、データ・音声・ビデオの統合に関するソリューションを提示し、専門家、業界関係者から高い注目を集めた。この核心技術の発明者である李宗霖研究員によると、このシステムは、ビデオ通信、ビデオ会議、ビデオ録画、モニター、オンラインビデオ再生、ファイル転送、ファイルストレージ、セキュリティシステムなどが一体となった、新型マルチメディアオフィス・ビジネスプラットフォームだという。(編集SN)

 「人民網日本語版」2009年12月7日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古