2009年12月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:37 Dec 14 2009

中国 パンダの精密な遺伝子配列マップを初めて作成

 国家林業局が13日に明らかにしたところによると、ジャイアントパンダの遺伝子配列研究プロジェクトがこのほど正式に完了し、パンダの精密な遺伝子配列マップが制作された。中国の科学者がパンダの全面的な遺伝子配列研究を行ったのは今回が初めて。新華網が13日に伝えた。

 研究結果によると、パンダの染色体は21組、ゲノムサイズは2.4G、反復配列の割合は36%、遺伝子の数は2万以上にのぼる。

 同研究は深セン華大遺伝子研究院を筆頭に、中国科学院昆明動物研究所、中国科学院動物研究所、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地、中国ジャイアントパンダ保護研究センターが協力して行ったもの。

 研究結果からはさらに、パンダの遺伝子のヘテロ接合率が非常に高いこと、遺伝子多型性が比較的高いことがわかった。パンダの遺伝子は、すでに全遺伝子の配列解析が行われた生物種の中では、犬の遺伝子と最も近いことも分かった。分析結果からはさらに、「パンダはクマ科の亜種だ」という、多くの科学者が持つ観点をさらに支持するデータが明らかとなった。(編集SN)

 「人民網日本語版」2009年12月14日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古