2009年12月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:14 Dec 28 2009

中国初、演算速度1千兆回のスパコンが来月天津で稼動へ

世界ランキング5位、アジアランキング1位の、演算速度が1000兆回を超えるスーパーコンピューターシステム「天河1号」の初期設備は現在、天津濱海新区の国家スーパーコンピューター天津センターで設置・テストが行われており、来年1月より使用される予定だ。中国網が28日に伝えた。

「天河1号」の初期設備は8つのキャビネット、256の演算モジュール、関連部品などからなり、演算速度は1秒に100兆回以上にのぼる。同システムは、設備の設置とテストが終了後、対外向けにサービスを提供していく。今後は、「天河1号」の関連設備が次々と天津に届けられ、来年下半期には全ての設備が使用される予定。

国家スーパーコンピューターセンターの責任者は「初めに設置された設備は主に顧客育成のために使われる」と述べる。来年1月に応用・普及業務をスタートする「天河1号」は、ユーザーのニーズに合わせてソフトウェアをインストールしたり、またユーザーの応用ソフトウェアをシステムに移植することが可能となる。すでに多くの企業・科学研究機構が、「天河1号」やスーパーコンピューターデザインモジュールを使用して高層建築物の構造分析などを行いたいと同センターに申し出ているという。(編集SN)

「人民網日本語版」 2009年12月28日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古