2010年1月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:00 Jan 08 2010

華為、ワイヤレスアクセスポイントの出荷量が世界一

 華為(ファーウェイ)は7日、同社が09年のワイヤレスアクセスポイント設備分野で売上高100億ドルを達成し、ワイヤレスアクセスポイントの出荷量は世界一を実現、世界最大のワイヤレスネットワーク設備サプライヤーとなったことを発表した。今後も5つの商用LTEネットワーク契約と1つのプレ商用LTEネットワーク契約により、次世代モバイル通信技術を先導していくという。中国新聞社が7日に伝えた。

 権威ある分析機関である米Dell'oro社のデータによると、09年第3四半期以降、華為のワイヤレスアクセスポイントの出荷量(周波数計算)はすでに世界1となっていた。同社の打ち出してきたSingleRANソリューション、LTEソリューション、第4世代アクセスポイントなど、業界に先駆けたソリューションと製品は、世界中のユーザーから歓迎され、市場を突破する「得意技」となるとともに、産業が不況から脱するための道しるべとなった。

 華為の打ち出したSingleRANソリューションとは、様々な規格のモバイルネットワークを融合させ、1つのネットワークで同時に2G、3G、LTEなど、様々なネットサービスを提供することができるようにしたもの。これにより、ネット運営コストの高さやアップグレードの不便などの難題が一挙に解決した。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年1月8日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古