2010年1月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:12 Jan 19 2010

エアバス複合材料製造センター、A350の昇降舵供給へ

 エアバス社と中航工業哈飛公司など中国側のパートナーが共同設立した合弁企業、哈爾濱(ハルビン)の哈飛エアバス複合材料製造センターがエアバス機体構造の主要供給業者とA350ワイドボディ旅客機の昇降舵(しょうこうだ)を一手に引き受ける契約を取り交わした。同センターはこの旅客機の昇降舵を供給する唯一の業者となる。科技日報が19日伝えた。

 哈飛エアバス複合材料製造センターはエアバス社と中航工業哈飛公司、哈飛股フェン有限公司、中航科工集団、合力基礎設施発展有限公司が共同設立した合弁企業で、昇降舵は主に、複合材料を原料とする、A350の垂直尾翼の重要な構成部分。まず欧州で工業化した後、2012年に中国で生産が開始される予定。

 同センターがA350関連でワークパッケージを受注したのは今回で3回目だが、昇降舵はそのなかでも最も大きい部品だ。(編集KA)

 「人民網日本語版」2010年1月19日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古