2010年2月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:02 Feb 03 2010

中国の3G設備市場 華為がシェアトップ

 Frost & Sullivanの研究によると、通信業界は09年、金融危機による世界経済衰退の影響を受けたものの、中国の3G元年となった同年、3大キャリアの3Gネットワーク建設に向けた投資にともない、中国3G設備市場は急激に発展した。中でも、華為、中興などの国内メーカーは中国3G発展に最大の貢献を果たした。

 統計によると08年以降、3大キャリアは3G設備の調達を次々とスタート、調達額は480億元に上った。うち、中国聯通のWCDMAネットワーク接続設備の調達が170億元、中国電信のDCDMA2000 EV-DOネットワーク接続設備の調達105億元、残りの205億元は中国移動のTD-SCDMAの前の3期にわたる工事のネットワーク接続設備の調達だった。

 キャリアの投資増加に従い、3G設備メーカーは09年、多くの収穫を得た。WCDMA設備市場では、中国聯通が2回に分けたWCDMAネットワーク配置を行い、市場シェアは華為がトップとなった。CDMA2000 EV-DO設備市場では、中国電信が08年-09年にかけて2回にわたる大規模調達を行い、ここでも華為のシェアが41.6%を占めてトップとなった。TD-SCDMA設備市場においては、中国移動が07年以降3回にわたる大規模調達を行い、中興通訊のシェアが34%で最大となった。華為は31%で2位だった。「人民網」が2日に伝えた。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年2月3日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古