2010年3月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:11 Mar 29 2010

中国製電気機関車がヨーロッパ市場に初上陸

 鉄道車両メーカーの中国北車傘下の大同電力機車有限責任公司はこのほど、ブルガリアと大出力の交流電気機関車「貨物輸送1型」の輸出契約書を取り交わした。契約額は7億元。中国製の大出力電気機関車がヨーロッパ大陸に上陸するのは初めて。国家重大技術装備網が29日伝えた。

 統計によると、中国北車は昨年末までにアジア、アフリカ、北米、南米、オーストラリアにディーゼル機関車を569台輸出し、中国企業の輸出シェアは63%を占める。

 今回契約した電気機関車「貨物輸送1型」は、中国北車大同電力機車公司がブルガリアの鉄道環境や技術要求に合わせ、独自に開発・設計した広軌かつ高出力の交流電気機関車で、世界的にも進んだ交流電気方式を採用。総出力は9600キロワット、設計時速は120キロメートル、先進的なFIPネット制御技術を運用し、極めて強力な自己検査能力と故障識別診断能力を備え、各機能をとっても運転の信頼性をとっても世界先端レベルといえる。(編集KA)

 「人民網日本語版」2010年3月29日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古