2010年7月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:45 Jul 20 2010

広東人男性の血液から新遺伝子が発見

 広州市血液センター輸血研究所は12日、献血サンプルに対する研究の結果、新遺伝子を発見したことを明らかにした。

 今回発見されたのは、免疫拒絶反応に影響する「MICA遺伝子」のうち、従来の対立遺伝子のほかに、新発見の対立遺伝子を隠し持っているもので、同遺伝子は4月30日にWHOより「MI-CA*061」と命名された。「科学網」が14日に伝えた。

 新遺伝子を発見した広州市血液センター輸血研究所の叶欣副所長は、「これは移植分野におけるブレークスルーとなる。この発見は、臓器移植者の拒絶反応治療および、手術後の免疫治療において、重要な臨床学的意義を持つ」と述べる。

 叶副所長によると、同研究所は昨年末、広東籍の無償献血者からランダムで取り出したサンプル100本を選び、「MICA遺伝子多型研究」を行った。1カ月ほどの研究の末、今年初めに広東省梅州市の男性(23歳・学生)のO型血液サンプルのMICA遺伝子に「他との違い」を発見、更なる探索が行われたという。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年5月14日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古