2010年7月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:17 Jul 12 2010

甘粛省酒泉に国内最大の新エネルギー産業基地建設へ

 中国最大の新エネルギー産業基地が現在、甘粛省酒泉市に建設される。このほど開幕した「2010年中国(酒泉)国際新エネルギー産業博覧会」において同市の康軍市長は、「2020年までに全国および世界最大の新エネルギー基地を完成させる」と宣言した。

 酒泉市は河西回廊の西側に位置し、総面積19.2万平方キロメートル、1区2市4県からなる。酒泉市の風力エネルギー資源は豊富で、そのエネルギー貯蓄量は1億5000万キロワット、開発可能量は4000万キロワットと見られ、なかでも瓜州は「世界の風庫」、玉門は「世界の風口」と呼ばれている。09年、酒泉は全国初の「1千万キロワット級風力発電基地」に指定され、本格的な建設が始まった。酒泉市の平均日照時間は3300時間で、西蔵(チベット)に次いで長く、太陽光発電場を建設するのに理想の地でもある。(編集KA)

 「人民網日本語版」2010年7月12日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古