2010年8月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:02 Aug 27 2010

中国初の「ドメイン・セキュリティ報告」発表

 中国で初となる「インターネット・ドメイン・セキュリティ報告」が26日発表され、半数以上のドメイン・サーバーにリスクがあることが明らかにされた。高い信頼性と保障を備えた第三者によるドメイン・セキュリティ・サービスの出現が待たれると専門家は指摘する。中国新聞社が26日伝えた。

 中国のインターネットサービスプロバイダー北竜中網が発表した「中国ドメイン・サービスおよびセキュリティ現状に関する報告」によると、中国にある100万近いドメイン・サーバーのうち、50%以上のサーバーは安全性が低く、57%の重要な情報システムがドメイン解析のリスクにさらされているという。

 09年8月から10年8月の1年間で、世界大手ドメイン・サーバーへのサイバー攻撃は20件にのぼり、あらゆる隙を狙って攻撃がしかけられ、多大な損失をもたらした。

 中国工業情報化部通信保障局の職員はドメイン・サービス・システムの安全性について、「中国のドメイン解析ソフトは今のところ国外のものに頼っており、自主管理が極めて難しい状況となっている。ドメイン・サービス関連のソフトウェアやハードウェアの独自開発の推進が待たれる」と語る。また、ドメイン・セキュリティ緊急対策の構築や、ドメインのディザスタ・リカバリ管理の強化によってもドメインのセキュリティ水準を高めることができるという。(編集KA)

 「人民網日本語版」2010年8月27日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古