2010年9月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:43 Sep 21 2010

中国第4次北極科学調査隊が凱旋帰国

 中国の第4次北極科学調査隊は科学調査任務を順調に終わらせ、20日午前に極地科学調査船「雪竜」で上海・浦東にある中国極地調査国内基地の埠頭に到着した。国家海洋局と上海市政府が歓迎式典を行った。「新華網」が20日に伝えた。

 第4次北極科学調査は期間が82日間に上り、中国がこれまでに行った北極調査の中で最も長期にわたった。調査船「雪竜」の航海距離は1万2千海里以上に上ったほか、到達した最北地点は北緯88度26分に達し、中国航海史の新記録を樹立した。

 第4次北極科学調査では、▽北極海氷の急速な変化▽海氷の急速な変化に対する北極海洋生態システムの反応--という2つの科学目標をめぐり、135カ所の海洋地点での総合調査、1カ所の長期氷上基地での観測、8カ所の短期氷上基地での観測、北極点での観測を行った。調査範囲は南北2300海里、東西1100海里にわたり、ベーリング海、ベーリング海峡、チュクチ海、カナダ海盆、メンデレーエフ海嶺、フレッチャー深海平原、北極点などをカバーした。範囲の広さと内容の豊富さ、資料・サンプルの多さ、到達した緯度の高さなどは全て中国の歴代北極調査における新記録を打ち立てた。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年9月21日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古