2010年10月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:27 Oct 13 2010

中国、研究開発への投資額は世界3位

 米ゴールドマンサックスがこのほど発表した報告によると、中国の研究開発投資額は米国と日本に次ぐ世界3位で、アジアにおいてはインドをはるかに上回った。科学与発展網絡(SciDev.net)が12日に伝えた。

 アジアを見ると、中国の研究開発投資がGDPに占める割合は1999年の2倍となり、2007年には日本と韓国の3.5%に次ぐ1.5%となった。ちなみにインドは0.7%にとどまった。

 9月10日に発表された同報告によると、中国の現在の研究開発投資額は1000億ドルとなっている。ちなみに米国は3250億ドル、日本は1230億ドル。中国は研究開発投資がGDPに占める割合を2020年に2.5%とするという目標を掲げているが、この目標を実現するためには、投資額を現在の3倍、即ち3000億ドルにまで引き上げなければならない。

 同報告は、「中国の急激な成長に伴い、アジアの研究投資はEUの水準を上回った。さらに今後5年間で米国の水準を上回る可能性が高い。また、日本、韓国、中国の成長を主にけん引しているのは工業だ」と指摘する。

 このほか、中国は科学技術に関する論文の発表数シェアが、1990年代中期と比べて6倍に成長した。発表件数は年間9千篇から年間5万7千篇に増え、2007年の世界における科学研究論文発表件数の7%を占めた。ちなみにインドのシェアは1999年から2007年まで2%にとどまっているほか、米国のシェアは31%から28%に下がり、EUは36%から32%に下がっている。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年10月13日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古