2010年12月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:36 Dec 31 2010

南中国海北部にメタンハイドレート約194億立方米が埋蔵

 国土資源部広州海洋地質調査局が作成した「南中国海北部神狐海域メタンハイドレートのボーリング調査結果報告」がこのほど、最終審査を通過した。報告によると、南中国海北部の神狐海域でボーリング調査を行ったところ、11カ所で「燃える氷」と言われるメタンハイドレートを確認、埋蔵量は約194億立方メートルに上る見込み。

 広州海洋地質調査局によると、2007年5月、同局は中国初となるメタンハイドレートのボーリング調査を神狐海域で52日間にわたって行った。掘削した13カ所のうち、3カ所でメタンハイドレートを発見、サンプルを回収した。

 その後2年かけて調査した地域のメタンハイドレート量を計算し、調査報告を提出した。研究者によると、140平方キロメートルにわたる調査地域のうち、11カ所でメタンハイドレートが確認、鉱区の総面積は約22平方キロメートル、鉱層の有効厚さは平均約20メートル、埋蔵量は約194億立方メートルに上る見込み。

 さらに驚くべきデータがある。研究者がサンプルに含まれる気体成分と同位体を分析したところ、同地域のメタンハイドレート層の主な気体はメタンで、その平均含有量は98.1%に達し、微生物が気体の元となっていることがわかった。

 メタンハイドレートが確認された3カ所の飽和率はそれぞれ最高値が25.5%、46%、43%と、世界ですでに発見されているメタンハイドレート埋蔵地の中で最も高い数値だという。(編集KA)

 「人民網日本語版」2010年12月31日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古