2011年2月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:58 Feb 28 2011

両院院士が中国のレアアース発展めぐり6つの提案

 中国科学院、中国工程院のベテラン院士親睦会による「レアアースと環境問題」をテーマとしたシンポジウムがこのほど北京で行われた。専門家らは中国のレアアース産業が現在直面する問題について討議を行い、将来の発展に向けた意見と建議を提出した。「科学時報」が28日に伝えた。

 国務院の温家宝総理は16日、国務院常務会議を招集し、レアアース産業の持続的で健全な発展に向けた政策・措置について討議、手配した。シンポジウムに参加した専門家らは、「この会議で打ち出された重大措置は、中国のレアアース産業発展にとって非常に重要な意義を持つだろう」との見方を示している。

 シンポジウムに参加した院士らはこれを基礎として、以下の具体的な提案を提出した。

 一、中国のレアアース開発・利用・貯蔵・貿易戦略を制定するため、中国のレアアース資源の状況をより一層明らかにする。

 二、レアアースの採掘過程における環境問題を解決するため投資を拡大し、レアアースの輸出価格を適切に調整する。

 三、各レアアースの重要性と、中国のレアアース資源保有状況に基づき、輸出量を制御する。

 四、レアアースが人口と健康に及ぼす影響を系統立てて研究し、レアアースの安全使用量を制定する。

 五、軍事、宇宙、エネルギーなどのハイテク方面におけるレアアースの重要な役割について宣伝する。

 六、包頭鋼鉄稀土公司はレアアースの総合的利用を主な任務とし、中国のレアアース資源管理・開発・ハイエンド産業での応用に向けた模範とならなければならない。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年2月28日  

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古