2011年5月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:44 May 13 2011

北京警察 軍用ハイテク無人機を導入か

 「第4回北京国際警察用装備及び対テロ技術装備展覧会」が今月19日より北京展覧館で行われる。今展覧会では、米軍でも使用されているハイテク無人機が初登場する。北京市の警察当局は今後、ハイテク無人機を導入する可能性があるという。京華時報が12日に伝えた。

 今展覧会では主に、警察車両、ヘリコプター、爆発物除去設備、緊急支援設備、映像モニタリング設備などの警察用装備・対テロ技術装備が展示されるほか、ハイテク無人機が国内で初めて展示される。この無人機は現在米国、ドイツなどの軍隊で使用されており、反テロ、緊急対処、追跡などの機能を備えている。ただし、この無人機は米軍がビン・ラディンの住居偵察時に使ったものとは別物で、負荷や機能なども異なるという。

 公安局科技処の賈勝文処長は、「ハイテク無人機の性能が警察側の要求に合致していれば、導入も検討している。北京市警察は現在、ヘリコプターを4台、無人偵察機1機を所有しているが、もしハイテク無人機が導入されれば、その機能やパトロール区域は無人偵察機とは異なるものになるだろう」と述べる。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年5月13日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古