2011年5月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:13 May 19 2011

測位衛星「北斗」、来年末までにさらに8基打ち上げ

資料写真

 第2回中国衛星測位学術年会が18日、上海で開幕した。年会に参加した中国衛星測位システム管理弁公室の冉承其主任は、中国が来年末までに、測位衛星「北斗」をさらに8基打ち上げることを明らかにした。新京報が19日に伝えた。

 冉承其主任は、「測位衛星『北斗』はこれまでに8基が打ち上げられている(8基目は今年4月に打ち上げに成功した)。北斗衛星測位システムは今年10月に全面的なテストを行い、中国の大部分の地域に向けて初期サービスを提供する条件を備えることとなる。2012年ごろには、約16基の衛星からなる北斗の地域測位システムが完成する予定で、最終的な衛星の数はネットワーク計画に基づき決定される。北斗は来年末までに、さらに8基打ち上げる予定だ。具体的には、今年中に3-4基のネットワーク衛星を打ち上げ、中国及び周辺の大部分の地域に向け、持続的な受動測位、ナビゲーション、タイミングサービスを提供するほか、ショートメッセージによる通信サービスを提供する。2012年には5-6基の衛星を打ち上げ、北斗衛星測位システムはアジア太平洋地域のユーザー向けに受動測位、ナビゲーション、タイミングサービスと、広範囲をカバーする位置情報サービスを提供する」と述べた。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年5月19日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古