2011年5月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:41 May 19 2011

上海市が「都市光ネットワーク」を構築、「無線都市」実現へ

 18日開催の「上海通信発展大会2011」で、上海市が立体的な「都市光ネットワーク」の構築に全力を上げており、すでに60万世帯が光ファイバーを導入し、高速ブロードバンドを享受していることが明らかにされた。今後5年かけて平均帯域幅50テラの都市光ネットワークで900万世帯をカバーすると同時に、「無線都市」も実現する計画だ。「中国新聞網」が18日付で伝えた。

 上海「スマート都市」建設の最重要情報インフラの1つである「都市光ネットワーク」はすでに全面的な構築が始まっている。年内に340万世帯を「都市光ネットワーク」でカバーし、100万世帯で高速ブロードバンドサービスを開通、ブロードバンドユーザーの平均帯域幅は8テラに達する予定だ。「都市光ネットワーク」ブロードバンドによってネット接続帯域幅とアプリケーション帯域幅の分離が実現。ネット接続速度に影響を与えずに、上海「スマート都市」の情報化アプリケーションに十分な帯域幅を残すことができる。

 「都市光ネットワーク」の構築と同時に、上海「無線都市」の建設も急ピッチで進められている。上海電信は現在までに上海市内の空港、駅、学校、ホテル、大学、ビジネスビルなどにWiFiホットスポットを4500カ所設置。今後3年間で2万カ所にまで増やし、公共サービスエリア全体をカバーする計画だ。大部分のWiFiホットスポットで54テラの接続速度、一部の中央ビジネスエリアや重点エリアでは100-300テラの超高速無線ネット接続を実現する。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年5月19日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古