2011年5月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:34 May 23 2011

明代の沈没船「南澳1号」から磁器2000点以上を回収

 明代の沈没船「南澳1号」の水中考古学調査が4月23日から行われている。現在までに磁器2000点余りが水中から引き上げられた。中国新聞社が19日付で伝えた。

 土砂や海洋生物に覆われていた昨年の引き上げ物と異なり、これらの磁器は表面がかなりきれいだ。調査チームを率いる崔勇氏によると、昨年の磁器は多くが船体表面から引き上げられたもので、破損や海洋生物による侵蝕が船倉内の磁器よりもやや進んでいた。このため今年の引き上げ物は昨年よりも自ずと保存状況が良好だ。

 「南澳1号」は「2010年度中国6大考古学新発見」に選ばれた。考古学者らは引き上げられた磁器の特徴から明代後期の嘉靖-万暦年間に中国南東沿海部で生産されたものと見ている。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年5月20日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古