2011年6月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:57 Jun 01 2011

中国 児童の予防接種率が9割超に

 このほど行われた全国予防接種宣伝ウィークの業務総括会で明らかになったところによると、中国では、生後12カ月以下の乳児に対するBCG、ポリオ、DTP、麻疹の予防接種率がそれぞれ92%以上に達した。国家免疫計画が実施されて以来、中国では麻疹、流行性脳脊髄膜炎、日本脳炎、A型肝炎などの発病率が下がっており、2010年には史上最低水準を記録した。人民日報が6月1日に伝えた。

 中国疾病コントロールセンターの王宇主任は、「中国は今や、国家免疫計画がカバーする病気の種類が世界で最も多い国の一つとなった」と述べる。

 しかし、中国のワクチンの更新・改良のスピードは遅く、ワクチン開発・生産との提携も国外とはまだ差があり、免疫計画の対象ワクチンのような公共衛生に関わる製品のニーズを、ワクチンメーカーの積極的な技術革新に転化させていくメカニズムが不足している。

 このほか、末端での予防接種能力不足、流動人口児童がワクチンを適時接種できないなどの問題も、免疫業務における当面の難点となっている。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年6月1日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古