2011年6月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:25 Jun 09 2011

「嫦娥2号」、9日に月周回軌道を離脱 深宇宙探査を実施へ

 国防科技工業局が伝えたところによると、月探査衛星「嫦娥2号」は今年4月1日の時点で打ち上げから180日間が経過し、設計寿命(半年)に達したが、燃料はまだ十分に残っており、各性能も安定していることから、本日9日に月周回軌道を離れ、今後は深宇宙探査を展開していく。中国新聞網が9日に伝えた。

 「嫦娥2号」はこれまでに6つの月探査任務を完了し、今後は更なる深宇宙探査を行っていく。「嫦娥2号」は「嫦娥1号」のバックアップ衛星を改良したもので、「嫦娥3号」の任務に向け、要となる技術をテスト・検証し、「嫦娥3号」、「嫦娥4号」が行う予定の月面への軟着陸実現に向け、条件を整えることが目的。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年6月9日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古