2011年6月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:09 Jun 10 2011

潜水艇母艦「向陽紅09」、水深7千メートル級潜水の改良が完成

 世界海洋デー及び全国海洋宣伝デーの関連イベントが8日に行われた。

 イベントに参加した中国海監北海総隊の林芳忠副総隊長によると、海洋調査船「向陽紅09」は2006年、中国国家海洋局と中国大洋協会により、深海探査用有人潜水艇の母艦として改装されることが決定された。同船は2009年以降、潜水艇母艦として、水深50メートル、300メートル、1000メートル級の潜水任務に携わってきた。さらに2010年には、同船が搭載する有人潜水艇「蛟竜号」が水深3759メートルの潜水テストに成功し、中国は、米国、フランス、ロシア、日本に続き、水深3500メートル以上の有人潜水技術を把握した5番目の国となった。

 潜水の深度が徐々に深まり、実験経験が豊富になるにつれ、「向陽紅09」の潜水任務をより効果的に行うためには、船の改良・アップグレードが必要となった。今回のアップグレードでは主に、実験室と潜水艇の撮影システムの更新などが行われ、機能をより豊富に、より実用的にしたという。

 中国の7千メートル級有人潜水艇「蛟竜号」は2007年に開発されたもので、可潜航海域は世界の海洋面積の99.8%を占め、深海資源の探査、熱水性硫化物の観測、深海生物の遺伝子・深海地質の調査などに使用される。中国新聞網が8日に伝えた。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年6月10日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古