2011年8月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:20 Aug 08 2011

中国、世界最大の電波望遠鏡を建設中 5年後に完成予定

 第28回国際天文学連合(IAU)総会が来年8月20日-31日にかけ、北京で開催される。IAU総会が中国で開催されるのは初めてで、天文学者約3000人が参加する予定。北京晨報が7日に伝えた。

 中国科学院のセン文竜副院長は、「中国は現在、貴州省のカルスト地形の天然のくぼみを利用し、口径500メートルの球面電波望遠鏡を建設中であり、2016年9月に完成する予定だ。同望遠鏡が完成すれば、世界最大規模の単口径電波望遠鏡となる」と述べた。

 中国科学院紫金山天文台の楊戟常務副台長は、「国家発展改革委員会は現在、南極での天文台建設プロジェクトを立ち上げており、将来的には南極に口径5メートルのテラヘルツ望遠鏡1台と口径2.5メートルの光学赤外線望遠鏡1台が増設される見込みだ。これらの望遠鏡は、暗黒エネルギー、暗黒物質、地球外銀河系などの観測に用いられる」と述べた。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年8月8日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古