2011年8月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:29 Aug 23 2011

中国、敦煌遺産のデジタルデータ化を推進

 敦煌の文化遺産を末永く伝えるために、中国は敦煌遺産のデジタルデータ化を推進している。現在、敦煌研究院は壁画のある莫高窟の492の洞窟に対して、300dpiの解像度でデジタルファイルの収集を行っている。

 ここ数年、敦煌研究院は国内外の研究機構と協力して、先進技術を取り入れ、敦煌遺産のデジタル撮影や保存、処理の技術を絶えず高めている。現在行われている解像度300dpiに達する撮影は、壁画の情報をリアルに採取し、保存や研究、出版などそれぞれのニーズを満たすことができる。これまでに、20の洞窟に対するデジタルファイルの作成を完了したという。

 中国国際放送局日本語版 2011年8月23日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古