2011年8月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:03 Aug 28 2011

小澤征爾さんが北京で中国医学による診察を希望

 食道がんを克服して間もない日本の国宝級の大指揮者・小澤征爾さんが、最近肺炎にかかったと報道された。小澤さんは21日に肺炎と診断され、「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」の23日と25日のオペラの指揮を中止。多くの音楽ファンが心配していた。だが小澤さんはチケットが完売だったことから、聴衆を落胆させたくないと、27日夜に病をおして再び指揮台に立ち、今回の日本公演最後の指揮を披露した。小澤さんは現在も体調がすぐれないが、中国公演にむけて調整に努めたいとしている。関係者は北京公演の際に小澤さんが中国医学による診察も希望していることを明らかにした。

 ■初公演後に肺炎で入院

 小澤さんが恩師・斎藤英雄氏を記念して始めた「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」は今年20年目を迎える。大病を克服して間もない小澤さんは、全心血をリハーサルに注いだ。21日の初公演では情熱溢れる指揮を披露。聴衆の熱烈な拍手は10数分間も鳴りやまなかった。だが公演後に体調不良を覚え、病院で軽度の肺炎と診断されたため、23日の公演を欠席。25日には退院してタクトをとるつもりだったが、回復が思わしくないため、医者の忠告を受け入れ、やむなく再度出演を見合わせた。2公演連続の欠席に小澤さんの病状への周囲の心配はつのった。だが27日夜には再び指揮台に立ち、フェスティバル最後の公演で完璧な指揮を披露した。小澤さんの体調は依然思わしくないという。

 ■76歳の誕生日は北京で

 小澤さんは2010年1月に食道がんと診断され、今年2月には腰の手術も受けた。2度の大病で体重は15キロも減った。それに今回の肺炎と、病続きだ。だが小澤さんは関係者を通じて、サイトウ・キネン・フェスティバルの中国初公演に向けて現在体調の調整に努めており、ぜひとも訪中したいと表明している。栗田泰幸氏によると小澤さんは中国医学に心服しており、北京公演の合間に中国医学による診察も希望しているという。

 小澤さんが1987年に設立した「サイトウ・キネン・オーケストラ」は小澤さんが肺炎で入院している間も十分な力を発揮し、ハイレベルの公演を披露した。このことで中国聴衆の期待も一層高まっている。76歳の誕生日にあたる9月1日、小澤さんと同オーケストラは国家大劇院でバルトークのオペラ「青ひげ公の城」と披露し、北京公演の幕を開ける。北京での公演は5回予定されており、顔ぶれも芸術水準も非常に期待できるものだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年8月28日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古