2011年8月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:48 Aug 30 2011

南水北調 丹江口ダム区の住民移転事業が終了

住民移転用車。

 河南省淅川県滔河郷張庄村で25日、312世帯・1192人の村民がダム区を離れ、移転先の許昌市襄城県王洛鎮張庄移民新村へと向かった。河南省はこれを受け、「南水北調(南方の水を北方に送る)」プロジェクトのための丹江口ダム区における住民集団移転事業が基本的に終了したことを宣言した。

 丹江口ダム区の第2次移転事業では、河南省唯一の転出地である淅川県に住む村民8万6100人が対象となった。計画に基づき、これらの村民は河南省内の鄭州、新郷、平頂山、許昌、ラク河、南陽など6省轄市・20県(市・区)にある115カ所の移転先に移り住むことになる。河南省ではこれまでの2年間に累計190回にわたる移転事業が行われ、15万2700人が移転。丹江口ダム区の移転者総数(16万2千人)のうち、94.2%を占めた。このほか、親戚や友人を頼って移転する人、鄭州市に移転する人など、残りの移転者に関しては、今年10月末までに全面的に 引っ越しを終える見込み。新京報が26日に伝えた。

 ▽南水北調の移転者、総数34万5千人

 南陽市淅川県・南水北調丹江口ダム区の移転事業指揮部によると、今回の大規模な移転事業では、南陽市だけでも11の郷鎮、168の村が対象となり、21万ムー(1ムーは約6.67アール)の土地が水没するという。湖北省の移転者を含めると、計34万5千人がこのプロジェクトのために故郷を離れることになる。

 ▽移転の進行スピード、三峡プロジェクトを上回る

 南水北調プロジェクトの移転事業の進行スピードは三峡プロジェクトを上回る。関係者によると、三峡ダム区の農村移転事業では18年間で約40万人が移転し、年平均移転者数は2万人あまりだった。一方の南水北調プロジェクトではわずか2年あまりで34万5千人の移転を完了しなければならない。これは世界の水利プロジェクト史でも前代未聞のケースだという。丹江口ダムの高さがこれまでの162メートルから176.6メートルに引き上げられ、水位が157メートルから170メートルに引き上げられるため、ダム上流地域が144平方キロにわたって水没することから、このような大規模な移転が必要になったという。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年8月29日

家具を片付ける住民。
移転先の新住宅。
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古