2011年9月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:38 Sep 26 2011

世界初のAP1000原子炉、圧力容器の組み立てが完了

 中核集団・三門核電有限公司は23日、世界初となる「AP1000」型炉(中核集団三門原子力発電所1号ユニット)の圧力容器の組み立てが22日に完了し、同ユニットが重要設備の設置段階に入ったことを明らかにした。人民日報が26日に伝えた。

 圧力容器は原発の「心臓」に例えられ、数万に上る原発の各設備のうち、最も重要な設備の1つだ。原子炉室の中心に設置され、炉心を外部と遮断し、支えるという役割を持つ。「AP1000」型炉の圧力容器は60年間の使用において安全を保証しなければならず、原発の最も重要な安全設備の1つだ。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年9月26日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古