2011年10月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:40 Oct 21 2011

放射線の正しい知識(3)電磁波の正しい予防法

 >>放射線の正しい知識(1)地下鉄の手荷物検査は安全

 >>放射線の正しい知識(2)生活のいたるところに放射線

 以下の5タイプに当てはまる人は電磁波に注意した方が良い。

 (1)高圧線、変電所、ラジオ局、テレビ局、レーダー、電波塔の近くで暮らすまたは働く人。

 (2)パソコン、テレビ、電子機器、医療設備、オフィスオートメーション機器を頻繁に使用する人。

 (3)近代的な電気器具のオートメーション化環境で暮らす(働く)人。

 (4)ペースメーカーを使用する患者。

 (5)上記の環境に暮らす妊婦、児童、老人および病人など。

 ▽家電の配置は集中させすぎないほうが良い。

 電磁波を浴びすぎないため、電磁波を発生しやすい家電(ラジオ、テレビ、パソコン、冷蔵庫など)を寝室に集中させないほうが良い。

 ▽家電、オフィス機器、携帯電話などは長期間にわたって使用し続けないほうが良い。また、多くの家電や機器を同時に起動させないほうが良い。

 ▽携帯電話は電話が通じた瞬間に放出される電磁波が最大であり、使用時はできるだけ頭とアンテナの距離を離したほうが良い。イヤホンとマイクを使うのがベスト。

 ▽家電と体との距離に注意する。各種家電・機器の使用時、体との間にある程度の距離を保ったほうが良い。遠く離れているほど、電磁波の影響は少ない。例えばテレビと人との距離は4-5メートル、蛍光灯との距離は2-3メートル、電子レンジの使用時は少なくとも1メートル離れた方が良く、妊婦や子供はなるべく電子レンジに近寄らないほうが良い。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年10月21日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古