2011年11月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:37 Nov 02 2011

神舟8号の5つの「最」

 ■飛行時間が最長

 神舟8号は単独飛行5日間、ドッキング飛行180日間の能力を備えており、最長7日間というこれまでの神舟型宇宙船の記録を大きく塗り替えた。

 ■軌道投入精度が最高

 神舟8号はランデブー・ドッキング時の軌道精度を確保するため、打上げウィンドウを±1秒の厳格さでコントロールしている。

 ■メカニズムが最も複雑

 神舟8号に搭載された設備のメカニズムは、これまでに中国の開発した宇宙用設備の中で最も複雑で、ベアリングやギヤの数だけでも数百点、部品全体の数は1万点以上に上る。

 ■国産化水準が最高

 神舟8号は全ての設備において国産化を実現。輸送能力など多くの指標において、ロシアのソユーズ輸送船に相当する値を達成している。

 ■計測・制御レベルが最高

 神舟8号と天宮1号は1万キロメートルの距離から徐々に各々の軌道上の位置や飛行姿勢を調整し、互いの相対的な位置・速度・姿勢・角度を厳しく制御しなければならず、制御システム全体に非常に高い要求が課せられている。(編集NA)

「人民網日本語版」2011年11月2日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古