2011年11月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:57 Nov 10 2011

中国国際航空が初の機内無線LAN検証

 中国国際航空は国内他社に先駆けて機内無線LANを導入する方針だ。11日に北京首都空港でボーイング737-800を使い無線LANフライトの検証飛行を行う。新京報が9日付で伝えた。

 同社によると無線LANサービスはフライト中の乗客の楽しみを増やすためで、無料となる見通し。乗客自ら持ち込んだパソコンなどを接続できるが、地上のネットワークとはつながらない。飛行の安全性への影響はないが、離着陸時は使用できない。

 今回の検証飛行は飛行中のインターネット接続を実現するものではない。同社によると地上のネットワークとはつながっていないため、ノートパソコンやタブレットPCなどを通じて機内の無線LANに接続し、あらかじめ用意された娯楽コンテンツなどを楽しめるだけだ。

 中国国際航空は機内無線ネット接続と電話通信の推進で4月に中国電信と協力合意を締結した。衛星と機内LANの接続によりフライト中のインターネット接続を実現する計画だが、料金はやや高くなる見込みだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年11月10日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古