2012年2月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:49 Feb 15 2012

中国、新たな極地砕氷船の名前を公募

 国家海洋局極地調査弁公室、中国極地研究センターは15日、記者会見を開き、中国がまもなく建造する新たな極地科学調査用の砕氷船について紹介した。また、同船の名前を公募で決定することが明らかになった。

 ▽新砕氷船はいつごろ完成するのか?既存の極地調査船「雪龍号」との違いは?

 新砕氷船は中国にとって2隻目の極地調査船であり、真の意味での極地砕氷船は中国初となる。2013年に完成する予定で、完成後は既存の「雪竜号」と共に船隊を形成する。

 投資額は12億5千万元で、全長100メートル、軽荷排水量は8千トン、航続能力は2万海里、連続航行能力は60日間。航速は0-15ノット(1ノット=時速1海里、約1852m)で、ダイナミック・ポジショニング・システムを搭載している。

 極地観測隊員の快適さを考慮し、船内には公共エリア、レジャーエリア、学術交流センターなどが設けられている。

 中国極地研究センター党委員会書記で、雪竜号の船長を務めたこともある袁紹宏氏によると、新たな砕氷船は厚さ1.5メートルの一年氷と深さ20センチの雪を時速2-3ノットで連続砕氷して進むことができるほか、氷で覆われた水域を航行中、短時間で方向転換・Uターンすることができ、操作性が高く、また大風・大波にも対応できる。

 同船はさらに、世界最先端の調査設備やヘリコプターを搭載しており、公海から南北両極海に至るまで、全世界での航行の要求を満たしている。

 袁氏によると、同船の科学調査能力は高く、「立体的」な調査が可能だという。すなわち、航行区域の上空3千メートルから海底にいたるまでの様々なデータを収集・分析することができ、これらのデータを統合し、伝送することも可能だ。

 このほか、無人ケーブル式潜水艇、無人遠隔潜水艇、水中探査システムなどのプラットフォームを搭載し、環境、海洋地球物理、海洋生態の総合調査に向けた需要を満たす。

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古