2011年11月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:20 Nov 16 2011

中国のアニメ・漫画と日本のアニメ・漫画の違い

 現在、日本のアニメ・漫画産業の売上高は年間230兆円、純利益は年間6000億円に達している。アニメ・漫画産業は今や日本の第3の産業となり、広義では日本のGDPの十数パーセントを担っているという。

 一方で、中国のアニメ・漫画産業の昨年の純利益はわずか28億元で、日本のアニメ・漫画産業の6%にも満たなかった。ここからも、中国のアニメ・漫画産業と日本のアニメ・漫画産業の差がよくわかる。以下、筆者の個人的な観点から、中国のアニメ・漫画と日本のアニメ・漫画の違いについて簡単に紹介したいと思う。日本新華僑報のウェブサイトが伝えた。

 (1)革新性に欠ける

 これは中国のアニメ・漫画において比較的顕著な欠点だ。キャラクターは確かにもっともらしい顔かたちをしているが、線や比率を意識しすぎていて、どれも同じような顔で想像力に欠け、味気ない。

 中国のアニメ「藍猫淘気三千問」「千千問」などを見ても、各話の内容があまりにも似通っている。どの話も、学ぶ知識がちょっと変わっただけで同じようなストーリーばかりだ。このようないい加減な内容のどこが面白いのだろうか?どこに興味を持てばいいのだろうか?教科書の長たらしい文章と何の違いがあるのだろうか?

 (2)対象年齢は12歳以下

 中国のアニメ・漫画の対象年齢は主に12歳以下の子供であり、12歳以上の青少年が見るのは主に日本のアニメや漫画だ。

 関連データによると、中国大陸部漫画市場の99%は日本の漫画に占められており、12歳以上の青少年のうち、中国産のアニメが好きな人はほとんどいない。

 12歳以下の子供は、人数、思想、社会的影響などの要素に制限を受けるため、視聴者の主体にはなりえない。アニメの最大の視聴者は14歳-30歳の青年だ。この年齢層は思想的に成熟する段階であり、判断力もある。そして重要なのは、この年齢層は購買力があり、派生商品の主な消費者であることだ。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古