2012年2月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:48 Feb 15 2012

中国の南極観測隊ヘリ、事故発生後の回収に成功

 中国国家海洋局からの情報によると、南極中山基地の現地時間12月11日3時10分(日本時間11日7時10分)、南極海流氷上で故障したヘリコプター「雪鷹」が、中国第28回南極観測隊の手により、中山基地に移送された。事故発生から約50時間後のことであった。人民日報が報じた。

 ヘリコプター事故の発生後、観測隊は事故調査グループを編成し、故障したヘリコプターおよび事故現場の写真を撮影し、証拠を収集した。またヘリコプター事故発生現場の流氷に対してモニタリングを実施し、流氷の深さ、氷の温度と水温を調べた。これにより故障したヘリコプターの移送の計画を立て、中国国家海洋局の批准を得ると、観測隊は現地の具体的状況に基づき、回収作業を実施した。

 現地時間12月10日20時より、観測隊は気温が低く氷が固まる夜間を選び、作業を開始した。25名の隊員は困難な現場環境を克服し、7時間余りを経て、雪橇や2台のスノーモビル「PB240」を使い、8.5トンのヘリコプターを中山基地まで移送した。ヘリコプターのブラックボックスは、作業員の手により事故発生現場で回収され、観測隊に預けられた。

 ヘリコプター事故発生と機体の回収の過程において、ガソリン漏れは発生しなかった。観測隊はまた、事故現場に散らばった機体の破片を回収し、環境破壊を防止した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2011年12月12日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古