2011年12月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:23 Dec 14 2011

「雪鷹」号事故の応急処理が完了

 国家海洋局は13日、ヘリコプター「雪鷹」号事故の応急処理が完了したことを明らかにした。第28次南極観測隊は安全を確保した上で、観測任務を再開する。関係機関と協力して、事故調査や保険金処理なども通常の作業手順を踏んで行われる。京華時報が伝えた。

 第28次南極観測隊の報告によると、「雪鷹」号の破損機体はすでに中山基地に運ばれ、適切な措置を経て保管されている。観測隊は長城基地への物資補給、外国港での給油・補給、南太平洋科学調査などの任務を終えた後、来年2月に再び中山基地へ戻り、機体を中国へ輸送する策を講じる。

 現地時間8日午後9時20分、第28次南極観測隊のヘリコプター「雪鷹」号は観測任務中に事故を起こした。乗組員2人は無事脱出した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年12月14日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古