2012年2月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:46 Feb 15 2012

中国第28次南極観測隊、南極最高地点に向けまもなく出発

 中国第28次南極観測隊の内陸チームは12月16日、中山基地付近の内陸観測基地から出発し、1300キロ離れた南極最高地点・ドームAにある崑崙基地へと向かう。中国新聞網が伝えた。

 内陸チームの金波隊長によると、内陸チームは燃料や観測設備、建設材料などを積んだそり34台分(重さ200トン)の物資を8台の雪上車で引きながら崑崙基地へと向かう。今回の内陸観測は70日間あまりに上る計画で、崑崙基地から中山基地へと戻るのは2012年2月20日になるという。

 計画によると、観測隊は崑崙基地で氷床深層コア掘削場の建設を行い、中国が自主開発したシュミット望遠鏡(AST3)を設置するほか、崑崙基地総合楼の二期建設、車庫鉄骨構造の基礎建設などを行う。

 崑崙基地は南極内陸部における中国初の観測基地であり、南極ドームAから南西7.3キロの位置にある。地球で自然環境が最も厳しい場所の1つで、海抜は4086メートル、酸素濃度は平原の57%しかなく、年平均気温はマイナス51度。中国が南極に建設した観測基地としては、長城基地、中山基地に次ぐ3カ所目となる。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年12月15日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古