2011年12月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:13 Dec 21 2011

北京、国内最高密度の強震観測網を構築

 北京市地震局が昨日伝えたところによると、北京市は来年、強震観測所165カ所の改良工事を行い、データ伝送システムをアップグレードする。同工事は来年6月には終了する計画で、改良後は強震データをリアルタイムで国家地震台ネットワークセンターに伝送できるようになる。新京報が19日に伝えた。

 北京市は現在241カ所の強震観測所を有し、伝送方式は手動ダイヤル・ワイヤレス通信の2種類。観測所は16区・県に分布し、密度は100平方キロメートルごとに1.4カ所と、全国的にも最高密度となっており、四川省大地震の際も反応したほどだ。市の地震災害防止・工学地震研究所の担当者によると、来年同市は新たに22カ所の地震観測所を建設する予定。これにより同市の強震観測所は計263カ所となる。観測部門は観測所データ伝送方式の改良を基礎に地域ネットワーク化をはかり、地震警報・緊急時対応に向けたテスト業務を行っていく予定だ。

 ▽強震観測所の主な機能

 ・震度の速報、地震災害の評価・強震観測所ネットワークの地震情報を速やかに発表

 ・地震警報と地震時の危機管理など

 ▽地震データの伝送方法

 ・手動ダイヤル方式:伝送速度が低く、不安定。一般的に1つの観測所の1つの地震データを伝送するのにかかる時間は8-10分。

 ・CDMAワイヤレス通信方式:リアルタイムで計器の状態を監視し、地震計が地震を記録した後直ちに情報を監視センターに伝送できる。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年12月21日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古